お知らせ

ORCAカンファレンス2016 HAORIについて(診療行為入力 プロトタイプによる説明)

HAORIについて(診療行為入力 プロトタイプによる説明)

CLAIM・API・HAORI

一体化電子カルテ(診療行為編 標準レセプトソフトAPI)(HAORIを使った診療行為入力)

プロトタイプ(ruby + Sinatra)によるデモンストレーション

(前提)

1.トップメニュー

2.「診療行為」を押下後、「氏名検索」を押下

3.「検索氏名」に「ハオリ」を入力後対象患者表示(日レセAPI(氏名検索使用)) 本来は、電子カルテ「診察終了会計待ち患者一覧」に相当

4.患者番号 00161 羽織 てすと さんを選択(日レセAPI(患者情報取得)使用により最新の情報を表示)

5.「診療科区分」を「初診」とすると該当患者は、既に当日、外科で診察済なので以下のエラーとなる。

6.「診療区分」を「再診」に変更し、「診療行為入力」ボタン押下

7.押下後の選択処理

8.「 再診料算定科:外科」を選択した場合

9.「 同日再診」を選択した場合

10.「同日再診」が選択された場合、診察料は先にHAORIからレスポンスされた加算等を含めた該当のグループの情報を全て取得することにより確定する。これに、電子カルテ側での診療内容を追加する。(プリセット「向精神薬多剤投与」押下)

11.「スルモンチール錠15㎎」を不正なコードに変更し、「チェック」ボタン押下

12.不正なコードを元に戻して「次へ」ボタン押下

13.「NO」を押下

14.「OK」を押下

15.「OK」を押下

16.確認内容がすべて終了し、不要剤の削除が可能な確認画面へ

17.最終確認画面

18.「入金」ボタン押下

HAORIと連携する電子カルテが、あたかも一体化電子カルテのように振る舞えるよう目指していく。