当社の特徴


当社のスタンス

選ばれるORCAベンダーをめざします。

電子カルテやORCAなどのIT化を通じ、当社がめざすのはドクターに寄り添い、業務改善をサポートし、ドクターの負担軽減を推進することです。IT化で患者さまの診療履歴が即座にわかれば最適な治療が可能となります。業務が効率化されれば患者さまの待ち時間も短縮されます。診察に余裕が生まれますと患者さまとコミュニケーションがとれますから、効果的な治療が施されることになり、信頼と安心の輪が口コミで広がります。私たちは医療現場と同じ気持ちでIT化の側面で参加します。

経営改善のためのパートナーでありたいと考えています。

信頼と安心の輪が広がれば"選ばれる診療所・病院"となり、地域社会からも指示される存在となります。私たちはIT化のパートナーではなく、あくまで経営改善のためのIT化のパートナーであり続けたいと考えています。当社はそうしたスタンスで経営の改善につながっていくさまざまな製品とサービスを提供します。

当社のサポート体制



営業担当

ITに関わるシステム導入にあたって営業担当はコンサルティング営業を展開することになります。お客さまの視点に立ち、導入のメリット、投資対効果を考え具体的に提示しなければなりません。
機種の選定から仕様決定、スケジュール、導入後のフォローまでを提案します。
電子カルテやORCAはもちろん検査機器や院内表示システム、診察券システム、受付けシステム、診療予約システムなどもトータルでコンサルティングします。


経営改善、診療の効率化のためになるのか、の視点で提案します。

「経営改善のためのコンサルティング」という姿勢を守ります。とくに導入によって得られるメリットについては、具体的かつわかりやすく提示することを心がけます。たとえば予約システムや院内表示システムを導入した場合、待ち時間が短くなり、駐車スペースも少なくてすむといったメリットがもたらされ、それが経営の改善につながります。そのシステムは経営の改善に役立つのか、その活用は診療の効率化につながるのか。常にそうした視点で発想し、コンサルティングします。

電子カルテを中心としたトータル提案を行います。

選ばれる医療施設となっていくために必要なすべてを提案いたします。診療科目にあった電子カルテを中心とするIT活用の提案を行います。
特にORCAはオープンソースですから、ORCAのデータを取り出し、最適に診療に活用できるシステムを一緒に考えて参ります。メーカーのレセコンはソースの公開を行いませんから、自由な発想のさまたげになり、使うほどに"きゅうくつ"になります。


システムの導入・指導

私たちは日医総研日医IT認定サポート事業所として、認定試験に合格した「システム管理者」及び「インストラクター」というITエキスパートを要しています。システム導入時におけるインストール作業から操作方法、プリント機器の設定、使い方まで、必要なすべての指導を行います。立ち上げの際には数日間常駐して指導を行い、滞りなく業務が進められるようになるまでフォローします。
不足するシステム開発には、システムエンジニア(SE)が対応します。


電子カルテやORCAなどは、導入後が真剣勝負です。

パッケージ化されたシステムは、カスタマイズする必要があります。
当社が提案したシステムをお使いいただく限り、より有効活用できるように考えていきます。開発型ORCAベンダーの強みを生かして、日常業務において不都合であったり、使いにくさがあれば改善を一緒になって考えていきます。何らかの問題が発生している場合には、社内に『パソコンドック24』というパソコン修理士を要しており、XEROX、CANON、などのOA関係のサービスエンジニアと連絡を取り、迅速に対応します。

最良の指導とアドバイスを提供し続けるために。

お客さまに最良の指導とアドバイスを提供するためにインストラクターも努力を惜しみません。電子カルテやORCAに関する知識やスキルを磨き上げていくだけでなく、日常的なミーティングや研修、勉強会を通し、最新の医療事務や医事法についての知識も増やしています。また、IT技術者として、厚生労働省の「医療情報システムの安全修理に関するガイドライン」第4.1版、及び「レセプトオンライン請求に係るセキュリティに関するガイドライン」については、社内で改正の度毎に研修をすることにしています。


テクニカルサポート

システムをお使いいただく中で生じるさまざまな障害やトラブルに対し、対応しなければなりません。院内配線、インターネットの接続などから思いもよらない障害やトラブルが生じます。電話での対応、リモートメンテナンスだけでは解決しないこともあります。その場合、経験豊富なスタッフがお客さまのもとに伺い対応させていただきます。

現場経験の豊富な複数の技術者が対応します。

ORCAはLINAXで作られ、電子カルテはWindowsやMacが使われています。場合によってはシステム開発経験のあるスタッフが対応しなければ解決しないことが多々あります。
更に、ネットワークの構築を専門とする技術者、OA機器の修理ライセンスを持つ技術者、パソコン修理の技術者を組み合わせて対応しております。

窓口として「日医IT認定システム主任者」又は「日医IT認定インストラクター」が対応します。

システム開発の技術者など、医療業務の知識を有する人材は社内で育てない限り人材募集で集まることはありません。日医IT認定資格者であれば、その第一歩は合格点です。しかもこの資格は2年毎に試験を受けて更新されます。

日医総研日医IT認定制度

日本医師会では2001年11月に医療のIT化に邁進する決意を示す「日医IT化宣言」を発表し、医療用プログラムやデータベースのオープンソース化を梃子に、高度で良質な医療を提供するための土台となるネットワーク作りに取り組んでまいりました。

また、その具体化として、2002年2月から順次レセプトプログラム(「日医レセプトソフト」)等の無償公開をスタートさせました。

日本医師会の公開したプログラムは、万人が自由に利用・改良でき、ビジネスにも使えるものであるため、上記プログラム等(以下「日医IT」)の健全な普及と医療ネットワーク育成のためには、各医療機関が導入・サポート・相談・操作等指導を受けることができる、優良な専門技術者及び事業所が求められます。

各医療機関にとって、日医ITを導入・活用する際に安心してサポートを任せられる事業所を選定する目安を提供する必要もあります。

本「日医総研日医IT認定制度」は、一定以上の能力・要件を満たす専門家・事業所に対し資格付与を行う制度で、具体的には、認定を希望する事業所の従事者を中心に、試験を行った上で個人資格として認定しています。

さらに、個人資格の有資格者=専門家が常駐しておりかつ長期にわたりサポートを委託できうる事業所として認定するものです。

本制度で認定された専門技術者ならびに事業所については、プログラムの開発元でもある日本医師会総合政策研究機構(日医総研)が公式にバックアップし、サポートしていきます。わが国の医療現場ではいまだ情報系の整備が遅れています。本制度は、今後も日本医師会が公開していく日医ITを用いて、医療の情報化の推進に協力していただく事業所を支援するものです。



安心・安全のサービスを提供します。

故障やトラブルが生じた場合にはすぐさまサービスエンジニアが駆けつける体制を整えています。設定変更やパーツ交換だけでは対応できない場合、代替機を使って機能を維持させることもできます。
また、『IT安心サービス』を提供し、トラブルの未然防止システムも制度化しております。但し当社からご購入ではなく、直接ご購入されるお客様に対しては、ハードメーカーによっては技術サービスマンに対するライセンスを必要とする会社があります。当社は区別なく対応させていただきますが、場合によっては他社導入機を触ることが出来ない場合もございます。

ネットワークの構築でもお役に立ちます。

医療機関の舞台裏はタコ配線や、破棄すべき配線が束ねられている光景を目にします。
トラブルの原因となり、システムダウンを起こす危険だけではなく、発火の恐れもあります。
正しい配線を識別できるように安全面にも注意をおこたりません。

Webディレクター

Webの進化は機器の開発と共に日進月歩の状態にあります。
スマートフォンやタブレットノートPC対応で、1~2年前には夢であった機能が現実になってきました。


口コミに近いWeb活用の効果が期待できます。

ホームページも進化しました。HTMLという言語が使用出来なければ訂正も出来なかった時代は今は昔です。
スマートフォンの急激な普及で、ホームページの活用方法も変化してきました。
当社もWebディレクターによって時代に合ったシステム構築を求められるようになりました。陳腐化しないシステム開発に努めています。

動画による訴求力は効果を発揮します。

文字から写真、そしてフラッシュ機能は当たり前になりました。
手術の動画を組み込むことで、選択される眼科医の話を聞きました。安心安全を視覚で訴えた効果は抜群です。
文字や写真のホームページとは別に、動画のホームページを作成し、そのホームページをスタッフ募集の際や、患者説明のツールとしても活用される医療機関が現れました。

Webデザイナー

美しいだけのホームページは数多く見られます。ドクターの熱意が表現されていないホームページに患者は反応するでしょうか?
患者は病気には敏感ですから一言一言から「安全」と「安心」を読み取ろうとします。

ドクターに寄り添った取材にこそ生命です。

医療機関向けホームページと銘打ちながら、現実に訪れることもなく制作するホームページが主流を成しています。
デザインも制作されたパターンからチョイスするという合理的な方法です。好みが同じであれば全国にいくつも同じホームページが存在することになります。
当社は旧製品から足を運んで取材をさせていただきました。これだけは頑固に守ります。

情報システム開発

当社は基幹業務のシステム開発会社として出発し、販売管理、在庫管理、生産管理等のソフトウェア制作をてがけて参りました。大規模なシステムもパッケージ化によって充分対応出来るようになり、現在はフロントオフィスのソフトウェア開発を中心に行っております。

開発型ORCAベンダーの強みを発揮します。

現在は富士通のグループウェア「Power Egg」のアドオン開発で中心的な存在になりました。Power Eggは、医療機関においても採用され、使い勝手が良いと評価を受けております。フロントオフィスのソフトウェアは各社各様の要求項目があり、今ではスマートフォンやタブレットによる利用活用が主流となりつつあります。
形のない業務の流れを形にしていく当社の開発陣がORCA導入の局面で複雑で高度な要求に応えてきました。
ORCAこそ形のないものを形にすることが出来るオープンソースですから、利活用は無限大に広がっていると言えます。

PAGE TOP